MENU

顔に出来たブツブツ


毎朝忙しく、自分の身なりも最低限といった感じで、主人と子供を送り出しています。
私もパートですが、ほとんどフルタイムで仕事をしています。

 

化粧も一応大人としての常識程度にはしていますが、キレイに見せるというよりは粗を隠すと言った方が正しいような気がします。

 

最近になって気になるのが、顔にちょっとしたブツブツが出来た事です。
右の頬の辺りに、赤くも無くただ米粒みたいな肌色の出来物が3個ほどあるのです。
痛みはありません。

 

場所が顔なので、すごく気になります。
ニキビ?赤みもないし吹き出物にしてはちょっと違うような気がします。

 

まさか増えたりしないでしょうね・・・

 

化粧もする部分ですが、吹き出物の類であれば、あまりファンデーションとか塗るのもどうなんだろうかとためらいます。

 

ブツブツの正体は

私の顔に出来た物の正体は「いぼ」のようです。

 

いぼ自体は何となく出来物を指しているんだろうと思いますが、
初めていぼが身体に出来てみて、その正体が全く分からないことに気付きました。

 

いぼって一体何なんでしょうか。
イメージ的には年配の方に多いように思っていましたが、実際は若い人でもいぼは出来るようですね。

 

いぼは皮膚病の一種になります。
ですからあまり安易な判断でいじったりすると、痕が残ったりひどくなってしまう事もあるようです。

 

顔に出来るいぼの原因は、ウイルスによるものと、老化によるものとがあると言われています。
「ヒトパピローマウィルス」というウイルスに感染することが原因で、いぼが出来てしまう場合は、皮膚の傷やケガ、刺激などからウイルス侵入してしまいます。
ウイルス性のイボは皮膚の接触によって、自分や他人に感染の可能性もあるようなので、注意しないいといけませんね。

 

ウイルスが原因のいぼの場合、種類や型などがたくさん存在しているようで、少し複雑です。どんどん増殖していってしまう事もあるようです。
特に若い人が発症するケースが多いようですが、私のような年代でもウイルスによるいぼである可能性も十分考えられます。

老化によるいぼもある

加齢が原因となるいぼもあるようです。
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」というもので、主に紫外線の影響などを受け、皮膚の細胞が盛り上がってきてしまうものです。
紫外線と皮膚の老化によって起こるものですから、顔や首、胸元などに出来やすいそうです。
このいぼは良性なもので、特に治療などの必要はないとされています。
ただ、炎症などが起こる場合は皮膚科で診察を受けた方が良いですね。

 

老人性と言っても、体質などにもより40代から目立って発症してくるようで、20代でも出来てしまう人はいるみたいですよ。

 

私のいぼは、この老人性のものかもしれませんね。

いぼの治し方

とりあえず私のいぼは大人しく居座り続けています。
症状としては、湿疹やニキビのようなものがあると言いますが、私の場合は特に今のところは感じません。

 

ただ顔という場所にあるだけに、人と会う時の目線が、いぼに集中されているような気がしてしまいます。
仕事柄、お客様とも接していますから、「いぼのおばさん」とは呼ばれたくないな、なんて。

 

症状としては何も感じませんので、とりあえず自分で出来る事を試してみよう思い、いぼに効く事を探してみることにしました。

 

自分で出来るケアとしては、保湿とマッサージが一番なようです。
肌が清潔な状態の時に、いぼの周りにクリームなどの保湿剤を塗り、優しくマッサージを行います。
皮膚の血行が良くなり、細胞が活性化されて代謝が良くなっていきます。

 

いぼの市販薬も多く販売されています。
でも対策を間違えて、余計に悪化させるなんて事もあり得ますよね。
出来るだけ安全な成分で、美容液的な要素があると私には有り難いと思い「艶つや習慣」というオールインワンジェルを購入することにしました。

 

面倒臭がりな私は、オールインワンという言葉には惹かれてしまいます。
でもこういうものは個人差があるとか言って、実際はちょっとした美肌効果程度しかないのが普通なんだろうとも思っていました。
ただいぼがこれ以上広がらず、保湿成分が入っててくれたらまあまあなのかもしれないと思って使い始めました。

 

これが、私のいぼにたまたま合っていたのかもしれませんが、10日程使ったところで、ポロっとイボが取れたんです。
ビックリしました。その後も使い続けていますが、いぼがあった場所はもうツルツルです。
美容成分も良いようで、簡単なので、これからも愛用していこうと思います。